ShiNO│フリーライター
サイバーエージェント内みんなの編集局公式ライターとして記事を書いています★
また、イノーバなど職業ライターとしてフリーランスライターもしています。

各メディア寄稿記事はこちら
▼NEWS BOARD▼
img_549869_8000727_4.jpg
SASAYAMA. 1st EP
「IgE」8.24 全国発売!


ShiNO制作!
Google Platform 2.0


-MUSIC RoBo-
ボーカリスト&DTM作家募集

Contents








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の記事について

読み返してみると、『音楽の入れ物。供給形態の移り変わり。』では
"CDが売れなくなったのは、デジタル配信や違法ダウンロードのせいだと言うが、
それは違う。"、と言っておきながら、
『音楽の価値。~環境と技術の弊害~』では
"デジタル配信(劣化音源)をこぞって提供した業界にも責任はある。だからCD売れんのだ"
みたいな内容で矛盾しているんだが、それについては、
多角的に見ればどちらも真実だとも思うので、書き直しはしません。

ただ、自分の本意としての話をすれば、
各種業界側の言い分として、「デジタル配信、もしくはレンタルCDのデータ化に片寄って
CDを買わないリスナーが悪い」みたいな風潮があって。(違法DL云々は割合)

それは違うだろう、と。もし原因を決めなきゃいけないのだとしたら、
小銭欲しさに環境を整備して、始めたテメーらが悪いんだろう、という事です。


全然関係ないけど、今日(昨夜)はお盆ならでは?の恐怖体験をいたしました。
ホラー映画は大好きだけど、現実のそういうのはほんと苦手なので勘弁してほしい。。。


音楽の価値。~環境と技術の弊害~

まず、CDをitunesなどで取り込んだりダウンロードしたAACやMP3などの音源は、
データ量を小さくするために圧縮されて、当然音質も劣化しています。
そして、その音楽はパソコンに保存され、再生もパソコンで行います。
持ち出して聞き流すiPodなどのデバイスの音質どうこうは別にそこまでこだわる必要もない
のかもしれませんが、問題は家などでちゃんと音楽を聴く場合。

ノートパソコンは気持ち程度にしろスピーカーがついているし、デスクトップでも
本体内臓や付属でスピーカーがついてくる。
多くの人の環境で、楽曲の購入から再生までを行える状況が備わっているわけです。

つまり、わざわざアンプやスピーカーを揃えなくても、一応音楽を聴ける環境は
整ってしまうわけです。

"劣化した音質のものをろくでもないスピーカーで聴く"。
多くの人が、これで満足、もしくは妥協している現実。

まだパソコンで音楽を聴くなんて事が一般的ではなかった頃。
真空管アンプやデジアンプ、そしてそれぞれ売りのあるスピーカーがたくさん売っていて。
それらがパックになった形であるコンポなんかも、中には良い音するのがけっこうあって。
お金のなかった僕は、リサイクルショップやジャンク屋なんかにお気に入りのCDを
持って通って、いくつものアンプやスピーカー、その組み合わせを
一つ一つ試し聴きしながら、夢中になって掘り出し物を探したものです。

現在はどうでしょう?コンポはたくさん売っているし、アンプやスピーカーも
高価ですが一部のオーディオマニア向けに販売はされています。
しかし、売り場面積を大きく取っているのは、それら"良いリスニング環境"を
目指したものではなく、パソコン用の小さくて安いスピーカー、中国製の安いヘッドフォン
などなど。もちろん、「この価格、この大きさでこの音質!」みたいな
"値段の割にはそれなり"な製品もたくさんあります。

そう、この"値段の割にはそれなり"な音が、多くの人にとって
"ちょっと奮発してこだわった良い音"に成り代わってしまっているのです。

しかし、ちゃんと良い音で聴いてきた人間にとっては、
やはり"それなり"でしかなく、"それ以下"でしかないのです。

ちゃんと"良い音"で聴いてきた人間は、音楽の魅力、音の魅力に魅了され、
出来るだけ良い音質で聴くために環境にもこだわり、CDで聴く人も多い。

アナログがいいとか、お金をかけろという話じゃ別になくて。

例えば自分の場合はもちろんCDプレーヤーもあるし、パソコンでの再生環境もある。
それは仕事上の理由でもあるが、どちらも"原音再生"に忠実であり、高音は美しく、
中域はふくよかに、低音は力強く再生出来るリスニング環境だ。
曲やアーティストによっては機材を使って真空管アンプっぽい音に作り変えて
リスニングを楽しむ事も多い。

が、別に特別大金をかけたわけでもなく、アナログにこだわっているわけでもない。
どちらかというとデジタル派だし、デジタルはアナログの延長線上にあると考えている。

しかしやはり、少なくともパソコン用のスピーカーでは実現出来ない音、なのは確か。

「"値段の割にはそれなり"な音が、多くの人にとって
"ちょっと奮発してこだわった良い音"」

これが技術の弊害でもあると思うのですが、音楽を気軽に手軽に安価で聴く事が
出来るように技術と周辺機器供給が進歩した事と引き換えに、多くの人から
"良い音"で音楽を聴く環境と機会を奪ってしまった

もっともっと厳密な事を言うと。
例えばCDをCDプレーヤーからアンプに送って30cm×56cm大のスピーカーで聴こえる
吐息やブレスといった色気や感動を誘うのに重要な部分が、
例えば劣化したmp3を小さなパソコン用スピーカーで再生すると聴こえない、
もしくは、聴き取れないのだ。

こんなリスニング環境で慣れてしまっている人たちがその曲の本当の感動を知る事など
出来るはずもなく、本当の意味での音楽ファンになどなれるはずもない。

それは、リスナーだけが悪いわけではない。多くの人が、僕のように音や機器に精通して
いるわけでもマニアックなわけでもないので、供給されているものを前提に使い、
それを本来の音だと認識してしまうのは無理もない話であり、音の色気に感動を知る
機会も与えられていない状況で「ノリがよければいい」とある意味音楽そのものの
価値や意味を切り捨ててしまうのも、仕方のない事なのかもしれない。

しかし、音楽業界や音響機器メーカーは違うだろう。
着うたやデジタル配信に参入し、それらの再生を前提に設計されたデバイス、イヤホン、
スピーカーなどをこぞって供給し、自分たちで、音楽の価値を下げ、
クオリティを自らの手で破壊し、利益を優先した結果、
リスナーから音楽に愛情や感動を持つ機会を奪った。

もちろん、選択肢の一つとして、だが、それでも"劣化商品"を大々的にPRし、
スタンダードの一つとまでにしてしまったのは、まぎれもなく音楽業界自身であり、
コンテンツ配信会社や音響機器メーカー、端末製造販売業界ではないか。

CDとしての現物である必要も、安くはない対価を支払う必要や価値を自ら
失くしてしまっておいて、リスナーだけのせいにするのはあまりに虫がよすぎないか。
所有物としての愛情を持てるほどの音楽があまりにも少なくなってしまった事も一因である。

価値のある音楽が売れなくなったわけじゃない。
芸術として対価価値があったはずの音楽を商業主義がその価値や意義を歪め、
価値を低下させたのだ。 大衆にとっての音楽の価値を、著しく下げてしまったのだ。


僕はつい最近、とても素晴らしいCDを買い、聴いた。
ボーカル、特にウィスパーボイスが素晴らしいその音楽にふさわしい環境で堪能した。

良いものを、ちゃんとした音で、ちゃんと聴くと、
一回りして、上で書いたような細かいことなどどうでもよくなる。

"良い音楽ってそんなもん"。

創る側も、聴く側も、もう一度音楽の価値がなんなのか見直して、
良い音楽が良い音楽として世に出る世界がもう一度訪れる事を、切に切に願う。

音楽の入れ物。供給形態の移り変わり。

CDが売れなくなったのは、デジタル配信や違法ダウンロードのせいだと言うが、それは違う。
違法ダウンロードするような人間は、音楽に対して愛もなく、そもそも対価を払う価値を
見出していないのだから結局CDなんて買わない。もしくは買う金がないのだから買えない。

違法ダウンロードするから買わない、んじゃなく、
非購買層が違法ダウンロードする、ってだけの話だと思う。
まあ、それに関しては長くなるので別の機会にするとして、デジタル配信。

CDは、ジャケットを含めた視覚的コレクション性としての魅力、現物としての実感がある、
だのなんだのは一度置いておいた上での話。

個人的には、データ配信が悪いとは一つも思わない。
レコードがカセットテープに取って代わられたように。
カセットテープがCDに取って代わられたように。
CDもまた、技術の進歩と時代の流れに取って代わられるだけの事。

データ配信のおかげでCDが売れないと言っている業界人は、じゃあ、
CDのせいでカセットテープが売れないとでも言うのか?言ってきたのか?

迎合して参入して、有料配信やってるんでしょ?それでCDが売れないと文句言うのは
筋違いだし、同じ産業で市場が移行すれば既存市場が縮小するのは当たり前のはなし。

結局、CDも16bit、44.1khzのwavファイルというデータなので、それがCDというディスクに
入っているか、パソコンやiPodなどのディスクに入っているかだけで、CD並みの音質で
聴きたい人は16bit、44.1khzの音源、もしくはそれに可能な限り近い音質のものを
ダウンロードすればいい。

と、別にデータ販売が悪いわけではないと思う理由、それはそれとして、
CDは、ジャケットを含めた視覚的コレクション性としての魅力、現物としての実感がある、
ので、やっぱり僕はCDが好きです(笑)
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。