ShiNO│フリーライター
サイバーエージェント内みんなの編集局公式ライターとして記事を書いています★
また、イノーバなど職業ライターとしてフリーランスライターもしています。

各メディア寄稿記事はこちら
▼NEWS BOARD▼
img_549869_8000727_4.jpg
SASAYAMA. 1st EP
「IgE」8.24 全国発売!


ShiNO制作!
Google Platform 2.0


-MUSIC RoBo-
ボーカリスト&DTM作家募集

Contents








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨夜は

Phyasalis12/18


Phaysalisワンマンでした。
本人たちはもちろん、来場の皆様、お疲れ様でした。

そして忙しいにも関わらず、急なメール一本で来てくれた奴もありがとう。
自分が他のバンドのライブに人を誘うなんてあまりないんですが、
きっと、後悔はさせなかったはずです。

いやぁー、それにしても、もう6年ですか(笑)
ライブや演奏どうこうを語るのも今回に限っては野暮なんで控えるとして、
とりあえず昨日一番思った事は
「Phaysalisってこんな愛される感じのバンドやっけ?」って事です(笑)
6年をかけた地道な積み重ねの結果なのは言わずもがな、なわけですが、
なんというか、Phaysalisが好きな人は、やっぱみんな変わってるよね、良い意味で(笑)

とりあえず、底冷えと硬めの椅子に長時間座った事でお尻が痛くて、ライブ中ずっと
もじもじしていました。尾てい骨が、本気で割れそうでした(笑)

そして、やっぱりこれまた強く感じたのは、どうあがいても、自分もやっぱり
こっち側の人間なんだ、という事でした。

ぶっちゃけ、ここ2、3年ほどはとてつもなくスランプで。
曲は書けるものの歌詞が全く書けず、アレンジも作れない状態で。
自分の世界観は1から10まで全て自分で表現したい自分にとって、
曲、詞、編曲、レコーディング、編集やらマスタリングまで全て自分の手でやって
はじめて「一つの作品、表現、」になりえるし、どうしてもそこにこだわってしまう。
だから、詞にしろ何にしろ何か一つでも不調だと、全てが前に進まない。

そんな理由から、ここ数年は新曲もないまま騙し騙しライブやったりもしたけど、
そんな状態でのライブはどこかストレスで、加えて昔のようには出なくなった
声では悔やむだけのライブばっかりでしたが・・・

あんなライブを観せられたら、俺も黙っちゃいられません(笑)
来年は心機一転、音楽の年にしてやろうかと思います。
なんだか、やれそうな気がします。

きっと、君やお前やあいつやあなたやまだ見ぬ人に、色々な意味で、
まだまだ伝えなければいけない事、見せなければいけない事、
伝えたいこと、観てほしい事、がたくさんあります。



それにしても、まだケツ痛ぇ・・・。
コメントの投稿
非公開コメント

Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。