ShiNO│フリーライター
サイバーエージェント内みんなの編集局公式ライターとして記事を書いています★
また、イノーバなど職業ライターとしてフリーランスライターもしています。

各メディア寄稿記事はこちら
▼NEWS BOARD▼
img_549869_8000727_4.jpg
SASAYAMA. 1st EP
「IgE」8.24 全国発売!


ShiNO制作!
Google Platform 2.0


-MUSIC RoBo-
ボーカリスト&DTM作家募集

Contents








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#darts:イップス。

だめだわ。完全に、イップスです。

ダーツライブレーティングで、最高16.68、D1レーティングで最高15ちょいまでいきました。
16に乗るまでは、ただ感覚だけに任せて投げていて、適当に投げても外す気がしなかった。

そのままの感覚で投げていればよかったのかもしれないけど、
もっと高みを目指すには今のスタイルでは限界があると決め付けてしまって、
持ち方から立ち方、フォーム、投げ方やらを見直して、丁寧に投げるようになった。
特に"手"や"指"の感覚、形、持ち方にはこだわって練習した。

それがいけなかったんだと思う。
「入らない時」に、「入る感覚」、を探し求め過ぎるあまり、
矢を持った瞬間の感覚が完璧でないと許せなくなり、持ち直しては無理に投げた。

神経質で完璧主義な性格も悪い方に影響したんだろうと思う。
そこから矢が持てなくなり、一つ狂えばフォームからスローまで何もかも狂った。

時間が経てばそのうち治るだろうなんて軽く考えていたけど、甘くなかった。
この2年ぐらいで、レーティングはみるみる下がり、勝負には勝てなくなり、
それでも腐っても元グランドマスター。
時々は恐ろしく入る時があるから、「あれ?この調子なら治せるんじゃね?」とか
思ってしまってだましだましやってきたけど、ちょっと深刻。

日常生活でまで指が引きつるようになり、最近はパソコンのキーボードもちゃんと
打てない。コップもちゃんと持てない。タバコを挟めない。その他、右手の指を使う事
全てに影響が出てきてしまった。

最も深刻なのはギターやピアノが弾けなくなってきた事。
特にギターのアルペジオは出来なくなってきた、じゃなく、完全アウト。
職業上、これはシビアに困る。

何も考えずに何気に矢を持った時はすんなり持てて、そういう時ってしばらくは
グラスやタバコも自然に持てたりもするので、ダーツの矢を指に負担をかけずに軽く持てる
ようになればそのうち治るような気もします。

ので、明日、昼間に時間あるので最後に真剣に調整してみます。
それでどうにもならなかったら、明日移行しばらく試合などはやめようと思います。
ダーツ自体も、気晴らし以外は、しばらくやめるかもしれません。
三宮リーグとEBISUリーグのチームメイトには迷惑かけるかもしれませんが、
こんな状態で出て足を引っ張りたくもないので。

ダーツをやめても治らないようなら病院に行こうとも考えていますが、
ダーツが僕に与えてくれたものは色々な意味で大きいので、本音を言えばやめたくはないし、
ダーツが原因なら治すのもダーツでの調整で治したいんだけどな・・・。

コメントの投稿
非公開コメント

Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。