ShiNO│フリーライター
サイバーエージェント内みんなの編集局公式ライターとして記事を書いています★
また、イノーバなど職業ライターとしてフリーランスライターもしています。

各メディア寄稿記事はこちら
▼NEWS BOARD▼
img_549869_8000727_4.jpg
SASAYAMA. 1st EP
「IgE」8.24 全国発売!


ShiNO制作!
Google Platform 2.0


-MUSIC RoBo-
ボーカリスト&DTM作家募集

Contents








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#twitter:Twitter感想文

Twitterはじめてみて5日ほど経過したわけなんですが。
がんばって使ってみての感想をちょろちょろと。

飾らずに正直なとこ言うと、なぜここまで流行るのか全くもって理解出来ません(笑)
まず思ったのが、情報資源の無駄遣いに思えました。
(情報そのものと、発信する労力や時間を含めて)

どんなに貴重な情報や良い言葉を発しても、タイムラインに埋もれてしまい、
フォロー、フォロワーが増えるほど発掘は困難になります。
タイムラインを追えば不可能ではなくとも、時間を要するので多忙な人間には実質不可能。
まあ、つぶやきなので、情報発信というのは本来の目的とはそれているんでしょうけど、
例えば価値のあるおもしろいつぶやきや、自分に向けられた言葉ってのも流れてくるわけで。
それを見逃すのはもったいないし、もったいないからタイムラインを追うはめになる(笑)
追った果てに価値のある言葉や情報が発掘出来なかった時は時間の無駄になる。

また、自分の場合はFirefoxのアドオンで常にウォッチ出来る状態にしてはいるものの、
PCさわっている時は大体仕事してるのでずっと見ているわけもないし、時には邪魔な時もあるw
で、結局はおもしろいと思った人や興味のある情報を発している人のブログを見るわけです。
GoogleリーダーでRSS取得しておけば見逃す事もないし、興味のある発信だけを選別して
見る事が出来るから。

コミュニケーションツールとしてはどうでしょう。使えない事もないけれど、
もっと他にいい選択肢はたくさんありますよね(笑)

なんだかんだ総合的に見て、結局ブログがバランス取れていていいんですよね。
情報でもつぶやきでもコミュニケーションでも自由度は高いし、発信、蓄積、発掘が容易。

欧米に比べ、日本人の特性としてWEB上で他人と深い関係を築く事や積極的なディスカッションを
行う事に消極的だと言われています。
特にmixiなどをやっていればわかるんですが、カジュアルな話題にはみんな積極的に
返してくれますが、ちょっと真剣に議論を持ちかけたり、社会問題などの面倒な話題だったり
不都合な内容を投げかけてみると一部の人間以外は見事なまでにスルーなんですよね(笑)
コミュニケーションや議論って、気楽な話題じゃないと成立しないわけ?なんて。

自分はその薄っぺらい人間関係の露呈がおもしろくてわざとやってたりもするんですがww
まあ、そんな話題にわざわざ食いつくほど物好きでもなければ暇でもないと言われば
それまでですが、それなら時間軸の自由なWEBコミュニケーションの意味って。。。

話が若干逸れましたが、そう。だからこそTwitterのようなカジュアルで気楽なサービスが
流行るんだろうし、逆に海外で流行るのは、WEB上での人間関係の構築や議論に積極的で
あるがゆえに、そこまで構えなくてもいい流動的で息抜き的なサービスとして
受け入れられたのではないでしょうか。

そして、結論としては、だからこそ自分も気楽でそこそこ楽しかったりします(笑)
うん。そのサービスにはサービスの楽しみ方や目的があって、そこに自意識や美学を
持ち込むから途端におもしろくなくなるわけで。要は流されればいいだけなんですね。

そうか。みんなはそれを分かっているから流行るのか(笑)
というわけで、これからも当分はTwitter、楽しもうと思いますww

スポンサーサイト

バンクーバオリンピック 女子フィギュア

金メダルはキム・ヨナ、浅田真央は銀メダル。
安藤美姫は4位でしたねー。

いや、みなさんの演技は素晴らしかったと思います。
しかし、正直すんごい引っかかる、というか違和感だらけ。
接戦の末、であるなら、順位も妥当なんだと思いますが・・・。

ショートプログラムといい、今日のフリーといい、
どうも点数に意図的なものを感じるというか。僕だけですかね?^^;

キム・ヨナの演技はミスもなく素晴らしいと思います。
しかし、他の選手とそこまでの差があるとは思えない。
今日の安藤美姫だって目立ったミスもなく素晴らしかった、というより
僕にはダイナミズムや感情表現など、むしろキム・ヨナよりも良く見えた。
それがどこでどうやってあそこまでの点差になるのかが理解できない。

浅田真央ちゃんも、惜しかったなー。
一回目はまだしも、二回目のミスは完全にアンラッキーやったし。
しかし、あのミスがあっても130点台はさすが、なんですが、
逆に言えば、そこまでクオリティで劣っているとも思えない、目立ったミスもない安藤
やジョアニー・ロシェットが120点台そこそこ、というのもどうも納得がいかないというか。

トリプルアクセル2回飛んだがミスのあった浅田、
良い意味でそつなくこなしたキム、ロシェット、安藤、
内容や加点方式で当然点差はあれど、そこまで差あったか?

150点?w

メダルに関しては別に異議はないけれども、点数は完全に偏ってるよね。
裏では買収疑惑なんてのも持ち上がっているみたいですが、
うーん・・・そんなにか?そんなにもか?って印象です。
あ、別にキム・ヨナが嫌いとかでは決してないです。
むしろ、浅田真央と双子みたいでおもしろい(笑)
これからも切磋琢磨してほしいと応援しています。


で、なんというかマスゴミをはじめ、世の中の風潮全体として
「キム・ヨナ vs 浅田真央」、どっちが金でどっちが銀か、みたいな空気が
出来上がってましたよね。というかマスゴミが意図的に作り出したんやけども。

色々共通する部分も多くて、ライバル、と言われる二人なので話題になるのはわかるけど。
ちょっとやりすぎですよね。他の選手、完全蚊帳の外やん。

そういう雰囲気は会場や点数にも現れていたんじゃないかな、と。
うーん・・・専門家じゃないし、だいたいそこまで興味があるわけでもないので(笑)
細かいところまではわからないんやけども、
なんというか、色々と「フェアじゃない」、と感じました。

例え誰がどんなに完璧な演技で滑りきっていたとしても、
キムヨナの勝ちは決まっていたんじゃないか、とさえ思うほど。

それが買収なのか、審査員の主観が入りすぎたのか、風潮が心象に影響したのか
わからないけれど、なんとなくフェアじゃない。

順位には納得は出来ても(誰がどの順位でもおかしくないという意味で)
点差には納得できない、非常に後味の悪い気持ちです(笑)

朝っぱらから

ギタースラッピングの練習をしていて手がつって悶絶してた俺ですどうも。
Raul Midon(ラウル・ミドン)超カコイイ。


さてさて。
今年二回目のライブが来月にありますねん。

3月22日(祝・月) 『春分って何すりゃいいか分からナイト』
ShiNO+u'、The Natural Killers、クボタアツシ、服部直樹

いやー、今回は共演がヤバイですわ。
マジパネェっす。
三十路爆発系やら"超絶ギタリスト"やらブルースマンやら・・・
自由すぎる俺やら(笑)

「The Natural Killers」動画

「クボタアツシ」動画


来て損はない、どころの話ではありません。
来ないと損、です。 ま・じ・で。

という事で、興味のある方、来てくださる方は
メールにてご連絡くださいませ。
よろしくお願いします。m(_ _)m


春分って何すりゃいいか分からナイトって言われても
どうすりゃいいか分からないっ、と。
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。